ばらんすご飯★2/16~2/27★

国際薬膳師監修、和漢膳も取り入れ内側から美しく。
バランスのとれた食事を2週間替で提供しております。

メイン
れんこんイカ焼売
イカ・レンコン・玉葱・生姜を刻んだワンタンの皮で包んだシュウマイです。菜の花・アスパラ・スナップエンドウと共に蒸しあげて春を感じる一品です。
  1. 雑穀入り五分づき玄米
  2. 手作り黒胡麻豆腐
  3. 高野豆腐のトマト煮込み(玉葱・セロリ・しめじ)
  4. みたらし芋もち(陳皮・じゃが芋・きざみのり)
  5. あらめと貝のおすまし(あらめ・あさりorしじみ)
  6. プチスイーツ・・・酒粕ミルクゼリー

ドリンク付・今回の薬膳茶は【桑菊茶】、その他コーヒーなどもあります。
(仕入状況により内容異なる場合あります)

◆栄養メモ・・・

旬の野菜を使い、二十四節季にちなんだメニューを提供。

季節は雨水(うすい)2/19~3/5ごろ。立春が終わって降る雪は雨へと変わり雪解けの季節に。

薬膳では春には肝養生。今回のメニューは血を滋養し肝を和らげ身体に元気と潤いを与えるものを考えました。イカは血を補います。蓮根は止血類で目の赤みや弱った胃に良いとされています。
また、『気によって血が生じる』と考えますから気を補うじゃが芋でみたらし芋もちに。
高野豆腐の一品も造血プラス心のこもった熱をとります。春の不調は肝から胃・肺・心などに飛び火するのが特徴で、皮膚に痒みがでたり、花粉症状や目が赤く痒みがでたりしますよ。
あらめは子宮のデトックスと言われていますよ。
【桑菊茶(そうぎくちゃ)】は春の養生の代表的なお茶ですが、現在では桑葉は血糖値を下げる事でよく知られていますね。ですので血糖値を下げるお薬を飲まれている方には向きません。